日本の法律のひとつ、騒音規制法

騒音規制法は、特定の工場・事業場、工事や飲食店などの商業関係、自動車の騒音などに関する日本の法律です。
特定の工事や事業場は、都道府県条例によって、区域や時間帯ごとの規制基準が定められています。
騒音を発生する特定施設(金属加工機械、圧縮機、織機、印刷機など、政令で種類・規模を指定)を設置したものはこの基準を遵守しなければなりません。
また、これらの施設の設置の際には事前に市町村長への届出が必要となっています。
市町村長は規制基準違反などで周辺の生活環境が損なわれると認めるときは、改善の勧告や命令を行うことができます。
特定建設作業は、特定建設作業(くい打ち機、びょう打ち機、さく岩機、大型建設機など、政令で指定された種類・規模の機械を使用する作業)を伴う工事を施工する場合は、事前に市町村長への届出が必要となっています。
市町村長は規制基準違反などで周辺の生活環境が損なわれると認めるときは、改善の勧告や命令を行うことができます。

名古屋市中区で親身に相談を聞いてくれる税理士は?
まさにこの人にお任せ!

30年にわたるマニュアル制作の実績
各種産業分野のマニュアルに対応

ISOコンサル

最新投稿

  • エスカレートとさせない為に出来ること

    よく耳にするご近所トラブルがあります。
    新築を購入して、ローンも組んでいるのにトラブルが起きて …

    続きを読む...

  • 売買に関する法律は知っておいた方が良い

    生活の中で、トラブルに巻き込まれてしまうなんて事も実際にあるかもしれません。
    最近では、スマー …

    続きを読む...

  • 常識には個人差があるので難しい

    人それぞれ常識は違っていることがあります。
    それは価値観の違いであり、その違いというのは育った …

    続きを読む...