常識には個人差があるので難しい

人それぞれ常識は違っていることがあります。
それは価値観の違いであり、その違いというのは育った環境によっても変わってくることがあります。
全く同じ価値観を持っている人はいないと断言をしてもよいでしょう。
価値観が似ている人であればいると思いますが、全てが一緒という人に出会うことはできないと言っても過言ではありません。
しかし社会の中では常識が違うということは通じません。
気に食わない相手を傷つけてもよい、というのは常識を逸脱しています。
社会の常識として存在をしているのが法律です。
法律で定められている通りに社会運営をしていかなければ、世の中は無法地帯となってしまい、犯罪も増えてしまうでしょう。
他人を傷つける行為からモノを破損する行為など人として行ってはいけないことはたくさんあります。
一線を越えれば、それは裁かれる対象となります。
自分が傷つける行動をしていないのか、普段からちょっと立ち止まって考える必要はあるでしょう。